別れでフェードアウトを成功させる裏技

「恋人に直接会って別れを告げるなんて無理!」という方や「別れを告げたら絶対に揉めそうで怖い・・・」という方向けの裏技です。

その裏技とは、フェードアウトを成功させる方法!

「それが出来たら苦労しないでしょ!」と思うかもしれませんが、やり方次第で揉めずにフェードアウトできる可能性があるので試してみてください。

別れを簡単に考えると大怪我しますよ

別れの理想はちゃんと顔を合わせて話し、お互い納得することです。

しかし、「簡単に別れてくれない」「揉めてしまう」などは日常茶飯事ですし、別れ話がもつれて事件になったケースがニュースで度々流れてきますよね。

ですから、LINEをブロックして会うのをやめればフェードアウトできると簡単に考えるのは危険です。

別れを告げる方は「別れたい」という一心ですし、少し前から「この関係を解消したほうがいいのかな・・・」と考えに考えた上で結論を出しているかもしれません。

しかし、別れを告げられる方は、突然関係解消を言い渡されてビックリしてしまったり、これまでの信頼関係を失いたくないという執着心を持っているんです!

ですから、別れを告げる側の別れたい気持ちはわかりますが、別れを告げられる側への配慮がないと最悪事件になってしまう危険があることを認識してください。

裏技的フェードアウトとは

ここからは本題の裏技的フェードアウトについてお教えします。

フェードアウトは突然連絡を断つことではない

実はフェードアウトに関して誤解している人が多いんです。

もともとフェードアウトとは「映像や音が徐々に消えていくこと」という意味で使われたいたのですが、それが「姿を消すこと」という恋愛用語として使われるようになりました。

ですから、「恋人と連絡を断ってしばらく放置するのがフェードアウトでしょ!」と思っている人が多いんですが、本来の意味にある「徐々に」という部分が重要です!

縁を断ち切られたと思わせなのがコツ

世の中には気の合わない人や価値観の合わない人のような「関係を解消したい」「出来れば関わりたくない」というタイプっていますよね。

そんな相手に対して、「私はあなたのことが嫌いです」とストレートに言えば揉めますし、だからといって無視を決め込めば反感を食らってしまいます。

普通の人間関係だってこんな感じですので、恋愛関係となったらもっと揉めやすいわけですね。

ですから、突然連絡を断つような縁を切られたというショックを別れたい相手に与えてはいけません。

別れたい恋人のことが嫌いであればあるほど負担になりますが、相手との連絡を少しずつ少しずつ減らし、時間をかけて疎遠に持っていってください!

LINEに即レスしていたのであれば、数時間おいて返信、半日おいて返信、1日おく、2・3日おく、1週間おく・・・

突然ブロックされたら相手は驚いて家に訪ねてくるかもしれませんが、上記のように少しずつ距離をおくようにして、相手のあなたへの執着が薄れるようにもっていくわけです。

「そういえば、(恋人のことを)最近考えなくなったな・・・」

相手がそう思えば、自然と関係解消に向かうでしょう。

フェードアウトの裏技まとめ

裏技度総合評価
お得技度
便利技度
簡単度
コスト
裏技度
計画的にフェードアウトする裏技を使えば、揉めずに別れられる可能性は上がりますが、しばらくは別れたい恋人の相手をしなければならないという点があるので、裏技度は低めの2にしました。
ただ、フェードアウトは簡単には納得してくれなさそうな相手や揉めそうな相手の場合に使うべき別れ方であって、本来は顔を合わせてきっちり別れを告げるのがセオリーだというのは覚えておいてください。